TOPに戻る

◆認知症サポーターとは・・・

認知症に対する正しい知識と理解を持ち、地域で認知症の人やその家族に対してできる範囲で手助けをする人を養成する講座です。厚生労働省が地方自治体を通じ、住民講座、ミニ学習会として「認知症サポーター養成講座」という名前で開催しています。

◆認知症サポーターに期待されること・・・

1 認知症に対して正しく理解し、偏見をもたない。
2 認知症の人や家族に対して温かい目で見守る。
3 近隣の認知症の人や家族に対して、自分なりにできる簡単なことから実践する。
4 地域でできることを探し、相互扶助・協力・連携、ネットワークをつくる。
5 まちづくりを担う地域のリーダーとして活躍する。

◆オレンジ・リング

認知症サポーター養成講座を受講するともらえます。

※受講した後に、何か社会貢献活動やボランティア活動をしなくてはいけないということはありません。 


ケアサポート・スクール 担当:栗田 質問などは096-362-6210まで。

 
 TOPに戻る